ダイシャクシギ
( 大杓鷸 )
Numenius arquata
Curlew
L=60cm W=98cm

( 名前の由来 )
長い嘴を柄杓の柄に見立てた
シギ類のなかでは体が大きいので「大杓鷸」

平安時代から " さくなぎ "  室町時代から " しゃくなぎ " と呼ばれ
江戸時代前期に「大和本草」では ”しゃくなぎ ”は
”大しゃく ”中しゃく ”小しゃく ”と呼ばれるシギ類の総称であるとしている
江戸時代中期から ”だいしゃくしぎ ” とよばれるようになった

異名として ”おほしゃくしぎ ”おほさく ”おほさくしぎ ” ・・・ 等々