ヘラシギ
( 箆 鷸 )
Eurynorhynchus pygmeus
Spoon-billed Sandpiper
L=15cm

( 名前の由来 )
嘴の形が箆(へら)のようであるため

江戸時代中期から ” へらちどり ” へらしぎ ” と呼ばれている

生息数が少なく世界的に貴重な種であり
絶滅危惧1B類 (EN)に登録されている

ロシアのチュトコ半島の限られた地域で繁殖しベンガル湾沿岸にて越冬するが
日本には希な旅鳥として渡来する 。


これは別個体