ヤマシギ
( 山 鷸 )
Scolopax rusticola
Woodcock
L=35cm W=61cm

( 名前の由来 )
主に山に棲むシギであるため

室町時代より 「やましぎ」 と呼ばれ

江戸時代前期から「ぼとしぎ」とも呼ばれるようになった
その他 「 うばしぎ・むばしぎ・あましぎ・しばしぎ・かぶとどり 」 等呼ばれていた