ヨシゴイ
( 葦五位 )
Ixobrychus sinensis
Chinese Little Bittern
L=37cm W=53cm

( 名前の由来 )
ヨシの茂みに棲み 、 ゴイサギに似ているので 「 ヨシゴイ 」
頸を伸ばしてヨシに擬態をする





新潟は下越地方の言い伝えで、
昔 男運が悪くいつも男に騙されてばかりいる女性がいました。

幾人の男に騙されつづけた挙句 悲観してついに自殺をしてしまいます。
あまりの悔しさに女は一羽の鳥となり夜になると葦原や草薮から男を
「オーイ、オーイ」呼び止めるようになったということです。

なんと30年位前まであたかもそれが現実のように語り継がれていたといいますから
よっぽど真に迫った声で呼び止められたのでしょう。

この鳥は葦原や竹やぶ、などの生息している場所を好みます。
下越地方はそれだけ昔は葦原が多かったという事でもあります。

残念ながら現在は自然環境の悪化で葦原も減り新潟県内でこの鳥の
「オーイ、オーイ」と鳴く声が聞けるのは福島潟だけになったといいます。
しかし人間の声そっくりに夜、呼び止められたら昔の人はさぞかしびっくりした事でしょう。